火葬や直送などの葬儀から墓石まで最後の瞬間に必要な選択

葬式の前に準備しておくことについて

安価な方法

直葬という手法は、葬儀の中でも圧倒的に安価な方法として今の時代にマッチする部分が大きくなっています。よくよく検討する必要が有ることですから、特徴を知って事前に比較検討することが重要です。

続きを読む

注意しておくべきこと

直送という葬儀の方法は安価なことが非常に魅力的ではありますが、それにともなって様々な問題点も生まれます。事前に注意を払って問題を解決しておくことが、直葬の導入には欠かせません。

続きを読む

一連の流れを知る

火葬という文化は日本人にとって、また、世界中において、一般的な葬儀の方法です。どのような流れで進行して、何が必要なのかをあらかじめわかっていれば、辛い中でも余裕を持つことができます。

続きを読む

最後の瞬間の決まり

葬儀において最後の瞬間、ハイライトともいえる出棺の瞬間は、とても重要です。この瞬間に不義理が起きないように、決まりやマナーを知っておくことは、恥をかかないようにするために、見送るために、必須です。

続きを読む

選ぶときのポイント

墓石を選ぶとすると、とても沢山の選択肢があることに気づいて、喜ばしい反面悩ましいと感じるケースが多いです。そこで、基本的な選び方を知っていれば、価値判断基準として選択に活用できます。

続きを読む

納骨堂という選択

庭のお手入れには、労力も時間もかかってしまいます。芝刈り専門業者に依頼すれば、簡単にメンテナンスできますよ。

納骨堂を選ぶメリットとは

親族が亡くなった後は葬儀告別式と次々と忙しく続きますが、同時に考えておかなければならないことがあります。それは納骨、つまりお骨をどうするかということです。葬儀のあとに斎場で火葬を行なったあとに一般的にはいったんご遺骨を自宅やお寺で保管し、四十九日で納骨式をします。納骨は霊園のお墓でなく納骨堂を選ばれる方も増えています。納骨堂のメリットは室内になるので天候に左右されずお参りがしやすいことや新たに墓石を購入しないで済むので経済的に安価であるということなどです。納骨堂から遠方のお墓への合祀も可能なので先祖代々のお墓が遠方にある方はご家族の今後を考え、現住所のある近くの納骨堂を選ばれるケースも多いです。

この頃多くなっているタイプ

納骨堂のタイプは様々ですが、お寺の中にある納骨堂だと住職がきちんと読経し、供養をしてくれます。霊園もそうですが宗教がまったく関係ない納骨堂もあります。いずれにしてもしっかりした管理の元建物内でお参りができます。立地も色々ですが建物内になるので敷地面積があまり必要がなく、都心部でも可能になっています。勤務帰りなどに気軽にお参りに行けるのが人気になっています。最近のトレンドではハイテクを駆使して位牌スペースが動いたり、お供えのスペースが作られているなど工夫が凝らされている納骨堂が増えています。ロッカー式の納骨堂の場合などは外観などが選べ、費用も抑えられる点があるので都会などでは大変人気の納骨堂になっています。

おすすめリンク

  • 要望に合う葬儀社選びガイド福岡版

    福岡で葬儀がしたいならこちらを活用すると優良業者がきっと見つかるはずです。依頼をする前にサービス内容をご確認ください。