火葬や直送などの葬儀から墓石まで最後の瞬間に必要な選択

葬式の前に準備しておくことについて

安価な方法

直葬の平均費用について

近年、家族が亡くなった時に直葬というそうぎスタイルを選択する家族が増えています。 また、故人がなくなる前に希望していることもあります。 地域により火葬式と呼ばれることもあり、簡単に言うと通夜式や告別式をせずに火葬をする方法です。 間違われやすいですが、家族葬や密葬とは別物です。 直葬では、通夜式や告別式を行わない為、その分経済面の負担が少ないのが特徴です。 しかし通夜式や告別式以外の搬送や安置や火葬などの費用はかかります。 直葬にかかる平均的な費用はおおよそ20万円前後になると思います。 中にはセットプランなどで10万円以下の金額で行える場合もあります。 ただ、金額だけで安易に依頼するのではなくプラン内容の確認や葬儀社との相談により選択することをお勧めします。 故人の為にもじっくり考えて後悔のないようにしてください。

日本における火葬の歴史

近年、葬儀は様々な形態で行われるようになりました。 特に簡略化した葬儀形態が急増しています。 今後は家族葬や直葬などと呼ばれるものが都市を中心に主流になってくるのではないかと言われています。 今回はその中でも直葬について考えていきたいと思います。 直葬とは、葬儀式を行わずに火葬のみで故人を見送る葬儀形態です。 火葬について日本では、西暦700年に僧道昭が火葬されたことが最も古い歴史だと言われています。 その2年後に持統天皇の火葬も行われています。 当時の天皇が火葬されたことにより、武士や役人も火葬によって埋葬されるようになりました。 しかしその後、天皇をはじめ火葬から土葬での埋葬に戻ってしまいます。 それから長い間、土葬での埋葬が行われていましたが、明治8年に宗教上の問題や衛生面の問題で土葬は見直されるようになりました。 現在は火葬の技術も発展し、ほぼ100%の人が火葬を選択する時代になりました。