火葬や直送などの葬儀から墓石まで最後の瞬間に必要な選択

葬式の前に準備しておくことについて

一連の流れを知る

出棺から火葬までの流れと注意点

僧侶を伴って葬斎場に向かう際は、霊柩車の直ぐ後ろの車両に位牌と遺影を抱いた人と僧侶が同乗し、他の遺族は別の車両に分乗します。葬斎場に着いたら、納めの式が行われ火葬となります。 納めの式は、僧侶による読経が行われている間に喪主から順番に焼香を済まし、その後合掌を行う儀式です。僧侶が同行していない時は、参列者の合掌礼拝で簡略化されるケースがほとんどです。 葬斎場に向かう際に注意する事は、死亡届共に役所に提出した火葬申請書と引き換えに貰った火葬許可証を忘れない様にする事です。この書類が無いと火葬も出来ないし、火葬許可証に証明印が押される事で埋葬許可書となるので注意するべきです。 忘れがちな事ですが、霊柩車を含めた車両の運転手や葬斎場の係りに対する心付けも忘れない様に気をつけるべきです。

火葬後の骨上げや分骨等の注意点

現在の機械的な火葬には、1時間ほどかかります。その間に葬斎場に用意された茶菓子などを振る舞いますが、時間帯によっては仕出しなどを振る舞う事もあるので、予め用意する必要があります。 ここで注意する事があります。葬斎場まで来てくれているからと喪主や遺族が参列者の世話を焼きたくなるのですが、喪主がお酒をついだりお茶をすすめるのは控えるべきです。 火葬が終わったら、遺骨を骨壷に納める骨上げを行います。一般的に骨上げは、二人一組になって竹の箸を使って一つの骨を一緒に挟み、骨壷に納めます。しかし、地域によって様々な方法があるので、土地の風習に従うべきです。 分骨や散骨を希望する際は、予め葬儀業者に伝えておくべきです。