火葬や直送などの葬儀から墓石まで最後の瞬間に必要な選択

葬式の前に準備しておくことについて

最後の瞬間の決まり

葬儀、出棺時の心得と流れについて

葬儀、告別式の儀式が滞りなく終了し、閉会の辞が述べられると出棺となります。故人が生前愛用していた品などを納棺時や出棺前の最後の対面で別れの花を入れる時に棺に納めますが、金属やガラス製品など燃えないものは棺に入れてはいけません。入れてよいものは愛読書や日記、故人が好きだった着物等です。時計や指輪は納棺の時に遺骨と一緒に副葬品として埋葬するようにします。葬儀、告別式が終わると遺族、近親者で頭を北向きにして故人と最後の対面をして別れを告げます。供花の花部分だけをちぎって別れの花を故人の周囲に敷き詰め、別れの花が終わると棺の蓋は静かに閉じられます。この後、釘打ちの儀式に移りますがあらかじめ葬儀社の人が途中まで釘を打ちこんでありますので一人二回づつ小石で軽く打ちます。

葬儀〜出棺〜火葬場へ流れと手続き

葬儀が終わり、棺を霊柩車に納めたら、遺族は会葬者の前に並び喪主と親族の代表者が一歩前に出て、どちらかが挨拶をします。内容としては会葬のお礼、故人が生前お世話になった感謝の気持ちと、残された遺族と今後も変わらないお付き合いをお願いして最後に謝意を述べ一礼します。火葬場へ持っていくものでいちばん大事なのは「火葬許可書」です。これが無いと火葬してくれません。火葬場では「納めの式」を行うために火葬炉前に簡単な祭壇が設けてあります。必要な用具類は火葬場にもありますが、遺影や位牌は葬儀場から忘れずに持ってきます。火葬が終わるまで列席者へ飲み物や茶菓をふるまいます。骨壺などは葬儀社で用意してくれますので、火葬場に到着したらすぐに火葬許可書を提出しておいた方が良いでしょう。